GVVC Weekly – Week 47


Cross Record- The Fly [Official Audio]

クロス・レコードの新作からさらに先行曲が公開。前回のものも紹介しましたがコレはね、
もっといい曲が出ました。逆回転のシークエンスががめちゃくちゃ効果的に使われていて、
最初からハイライトのコーラスで始まり、3分の間に何度も寸止めのブレイクと行き来する
かなり不思議な構成。パーツがコーラスとブレイクだけって事。これ本当にすごいトラック。
ヤバすぎて何回も聴いちゃう。あとね、歌詞もいいんですよね…。これはヴァイナル買うな。
「私は風に吹かれるごみ。あれは鳥?違う、ただのプラスチック。私の心は脆い花瓶…。」

Operator Music Band – Slim Spin

NYのオペレーター・ミュージック・バンドがニューアルバムから先行トラックを公開です。
非常に洗練された人力なんちゃってドラムンベースを、都会的クールネス路線に紡ぎ上げて
ポストパンク風の痙攣ギターフレーズも挿入しつつ、クラウトロックマナーで仕上げた様な
サウンドで、大変かっこよろしい。生演奏のバンドでドラムンベースみたいなエッセンスを
入れてくるのって大半がクラブジャズとかあっち側の人達なので、その手じゃないのもイイ。
ジャンクとかハードコア方面に解釈したやつは逆にありますけどね。それはまあジャングル。
あくまでもシティ・スムーズ系のドラムンベース風でという前提に於いての話です。

CEREMONY – Turn Away The Bad Thing (Official Music Video)

セレモニーはマタドールから近年リリースしていましたが、新作はなんとRelapseからです。
扱うサウンドの幅が広がってきて、リラプス攻めてるね。非常にポジティブな曲名のこちら、
ライトな質感で疾走する直線的なポストパンクで、ドラムの鳴りがかなりカッコイイですね。
実質オルタナシューゲイズ系のトラックにも聴こえない事もない感じで、いい意味で軟派に
なってきてる気がするな。ロングブレイクで女性ボーカル入ってくるという新機軸も好作用。
しっかし、Relapse本当これでいいいんか、これがアリなら、間口広げすぎやろと思います。

Moon Duo – Stars Are the Light (Official Audio)

ムーン・デュオの新作は引き続きセイクリッド・ボーンズからなんですが、すごい変わり様。
めっちゃソフトになっていて、アタックの丸いシンセレイヤーにまみれた優しいサウンドに
曖昧なボーカルが浮遊していて、刺々しい音は一切入ってないと来たもんで、これはもはや
Lali Punaみたいに聴こえる。morr musicのムードとSacred Bonesがリンクするって凄い。


Jesus, Etc. – Laura Stevenson

ローラ・スティーブンソンがWilcoの一番いいアルバムの一番いい曲をカバーということで、
全人類が注目する中、超大御所のモノマネ一発芸をやるようなプレッシャーかと思われます。
すごい度胸だな。ぼくにはとてもできない。(棒)