Smokebees – Imaginary Lights Never Fade


Smokebees – Miyoko (Official Audio)

間も無くSauna Coolから、Smokebeesの新作アルバム
Imaginary Lights Never Fade“がリリースされます。3/20発売。

先んじて同じくサウナクールから発表されていたカセットEP”Tonal Memory“に続いての
発表ですが、収録曲の重複はなく、それぞれ完全に独立した作品となっているようです。
このところカセットEPのフォーマットが続いていた同レーベルからは久々のCDですね。

スモークビーズのサウンドは、大分すると宅録インディポップ、というところになるかと
思いますが、一番強く感じられるのは日本におけるギタポ・ネオアコ界隈の空気感。そこに
ほんのりとシューゲイズのテイストが入り、morr music系統のライト・エレクトロニカに
ソフト・ポップ、チェンバーポップ…といったようなエレメンツで武装していく印象。
音楽誌で例えるとCookie Sceneドンピシャな趣向で、非常にdiskunion的とも言えます。

アコースティックめの楽曲に加えられるエレクトロニクスやサウンドコラージュの塩梅も
心地よいバランスで、ほのかにエクスペリエンタル・テイストを付与しており、
あくまでもポップスになりうる着地点を保ったバランスで丁寧に作り上げられている音楽性。

アルバムから先行で公開されているトラックの一つ、”Miyoko”は公式プレスリリースにも
言及のある通り、強烈にスパークルホースの影響を感じさせるサウンドとなっていて、
当GVVCで紹介しているPet Shimmersの”Persona Party”にも通じるものがありますね。

また、サウナクール・ボスのディレクションによる、レーベル本拠地神戸を
海外風に撮影したフッテージで構成されたミュージックビデオも公開されています。

Smokebees – Ancient Lies (Official Video)

Smokebeesは男女二人組のデュオということで、デンマークではシッティングでの
二人編成のライブなども披露していたようですが、昨年には日本でも
ドラム込みのフルバンドでライブ活動を行っています。
以前は名古屋のGalaxy TrainからもEPをリリースしていて、メンバーのMiki Hiroseは
その筋においてカルト的人気を誇るギャラクシー・トレイン看板バンド、
Red Go-Cartにも加入し、その他も同レーベル関連バンドの多数で活動する等、現在の
日本ネオアコ・ギターポップ同好会の中ではかなりの重要人物なのではないかと思われます。

尚、本日Sauna Coolによるリリース・パーティも発表されており、特に5/18の東京場所は
“SAUNA COOL OFF 4″と銘打たれ、不定期に行われる関連バンド総集結のイベントとなり、
Super VHSや、レーベルオーナーのTeen Runnings(ソロセット)の出演も決定しております。
特にスーVのバンド編成ライブは近年かなり貴重になっていますので、併せてお楽しみに。

Smokebees “Imaginary Lights Never Fade” 2019年3月20日発売

1. Playpark
2. Begin Again
3. Tear Lake
4. Made For Faking Strong
5. Are You There
6. Miyoko
7. Lonesome Tree
8. Lilac Leaves
9. World Is Yours
10. Sputnik
11. Illuminant

Sauna Cool / SC10

https://twitter.com/SAUNACOOL/status/1107559889641963520